【60GB2000円以下!?】デンマーク留学中オススメのプリペイドSIMカード

Sponsored Links
デンマーク
Sponsored Links

こんにちは。筆者のぬーんです。今回は留学中に欠かせない、スマートフォンにおけるSIMカードのお話です。

タイトルにもあるように、日本のSIMカードよりも比較的安く、かつLTEという圧倒的おトクプランですので留学中は是非契約しておきましょう!

Sponsored Links

渡航前にすべきこと

そもそも日本のスマホはそのままデンマークで使えるの?

後ほど述べますが、

①「自分のスマホの周波数帯がデンマークのものに対応していること」

②「自分のスマホがSIMロックフリーあるいは解除済みであること」

という条件のもとで使うことができます。ですが、日本国内のキャリア(au、docomo、Softbank等)の海外対応プランを使ってしまうと、恐ろしく高額な料金になってしまいます。ここでひとつauの海外プラン「海外データeSIM」とデンマークのSIMで筆者が契約したプランを比較してみましょう。

(例)5か月留学・au・iphoneXRの場合
 〇auの海外プラン「海外データeSIM」…5,800円/30日/5GB or 8,900円/30日/8GB
    →5800(円)×5(月数)=29,000円
    →8900(円)×5(月数)=44,500円
 〇デンマークのプリペイドSIM「Lycamobile」All in one 99…1,597.86円*/60GB
    →1597.86(円)×5(月数
)=7,989.3円
*1DKK=16.14円(2019年11月30日現在)として計算
 
これだけ見ると2、3万ほどの違いに見えますがデンマークのSIMは60GBでこの値段です。
60GBで換算して比較すると20万以上の差が出ます。
どうしても設定が面倒であったり、あんまりスマホでネットを使わないのであれば国内キャリアの海外対応プランが楽かとは思いますが、節約したい方、データ量を気にせず使いたい方は現地でのSIM取得を強くお勧めします。

<注意点①>周波数帯の確認が必要!

日本のスマホを海外で使うにあたって確認が必要なのが、「周波数帯」です。

これが対応していないと、電波が受け取れず通信ができません。必ず確認しておきましょう。

ちなみにインターネット上のAppleストアで購入したiphoneに関しては使用可能です。SIMロックフリーですので安心してお使いいただけます。

ただし、リサイクルショップなどで売られている中古品はSIMロックの解除が必要な場合がありますのでご注意ください。

デンマークのLTE対応周波数帯(都市部)は

LTE 800 1800 2600 band 3,7,20

になります。

このどれかに自分のスマホの周波数帯が対応していればオーケーです。

自分のスマホの周波数帯を調べるには、販売元のホームページから調べることが可能です。

<注意点②>SIMロックがかかっていないか要確認!

SIMロックが掛かっていると、SIMカードを差し替えて使うことはできません。

これに関してはSIMロック解除が義務化されたため、現在契約している会社のお店(auショップなど)に相談すればすぐに解除可能です。

現地でSIMを使うならキャリア休止を忘れずに!

現地でSIMを購入して使うにあたって、忘れてはならないのが現在使っている日本国内のキャリアの休止措置です。

これをしないと海外で購入したSIMを使っているにもかかわらず、毎月の基本料金が日本のキャリアから請求され続けてしまいます。

せっかく海外SIMに切り替えたのに勿体ないですよね。必ず行うようにしましょう。

auの場合であれば成田空港第1ターミナル(4F)で渡航直前に休止の申し込みを行うことができます。

なお、注意事項として

・休止申し込みは朝9時からなので、フライトが早い人は気を付ける。

・一度休止措置を行うとその瞬間から通信が出来なくなるため、休止はフライト直前が望ましい

ということがありますので、この2点を頭に入れておいてください。

渡航後にすべきこと

オススメのSIMカード「Lycamobile」

デンマークでのSIM取得にあたって筆者がオススメするSIMカードは

「Lycamobile」

です。理由としては

〇空港から地下鉄に向かう途中でタダで入手できる

〇プランが安い

からです。

コペンハーゲン国際空港を出て地下鉄に向かう通路の真ん中に青いブースがあり、そこにSIMカードが置かれています。担当者が立っている時もあるようですが、僕の時は無人でした。(ちなみにSIMも置いていませんでした。タイミングが悪かったようです。)

仮に空港でゲットできなかったとしても、セブンイレブンやガソリンスタンドで購入が可能です。僕は29DKK(470円ぐらい)で家の近くのガソリンスタンドから購入しました。

設定方法

SIMカードを購入すれば、あと一歩です。Lycamobileのショップだと有料でやってもらえるようです。

面倒ならお願いしちゃいましょう。

筆者はガソリンスタンドで購入したので自分で設定を行う必要がありました。

↑ガソスタで購入したSIM。空港でも同じデザインのものが置かれています。

なお、SIMカードの設定において店舗へ行く必要はありません。自分のスマホだけで設定出来ちゃいます。便利ですよね。

それでは設定方法を順を追って見ていきましょう。

必要なもの
〇SIMフリーのスマホ(iphoneならSIMカードを取り出すためのピンを忘れないでください。)
〇Wi-Fi環境(空港や観光地のFree Wi-Fiで構いません)
〇入手したSIMカード
〇クレジットカード

(1)SIMカードを購入したものと入れ替える.

スマホの電源を切ったのち、購入したSIMカードをスマホに入れましょう。iphoneは専用のピンが必要かと思います。

成田空港のauショップでは50円で売っていました。

SIMカードがくっついていた台紙は捨てないでください。後ほど使います。

(2)電話番号の入手

電源を再びつけると電話番号とPINコードが記載されたメッセージが届きます。

念のためめ両方ともメモを取っておきましょう。

(3)APNの設定

〇iphoneの場合

「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」の順にアクセスし、以下のように設定を書き換えます。

パスワードは「plus」と入力してください。

〇Androidの場合

「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「メニュー」

→「新しいAPN」の順でアクセス、後はiphoneの場合と同じです。

APNとユーザ名とパスワードのみを入力してください。

(4)Lycamobileのアカウント作成

これが終わればあともう少しです。頑張りましょう。。

http://www.lycamobile.dkにアクセスし、まず画面右上の「English」を選んで英語表示に切り替えます。

「My lycamobile」→「Register」の順で選択します。ここからいくつかの項目を入力していきます。

〇Lycamobile number…SMSで届いた電話番号です。先頭の4を0に置き換えて入力してください。
〇Your PUK code…SIMカードがくっついていた台紙の裏に書かれている8桁の数字です。
〇Other contact phone number…今回取得したもの以外の電話番号。81から入力しましょう。
〇住所欄…自分の泊まっているホテルやホームステイ先でいいようです。入力後、「Find」を押します。

ほか全ての入力が終われば登録は完了です。

登録したメールアドレスにパスワードが記載されたメールが届くので必ずメモを取りましょう。

(5)プラン購入

メールに記載されているパスワードと今回取得した電話番号で再びhttp://www.lycamobile.dkにアクセスし、ログインをします。

「mobile number」⇒45XXXXXXXXではなく0XXXXXXXXと入力

何故かわかりませんがこうしないとログインできないようです。

一度プランを購入した後は45~の入力で可能でした。どうしてでしょうかね。。

ログイン後、「Buy Bundles」を選択し、好きなプランを選んでクレジットで購入しましょう。

↑一番上のものが「All in one 99」です。今はセール中で安いですが、普段は1600円ほどです。

おススメのプラン「All in one 99」は99DKK(1600円ほど)で

60GB(LTE)、特定の国へ10時間通話無料(日本は入っていません。。)、EU圏でのローミング等

日本のものよりかなり安いプランです。是非お勧めします!

まとめ

〇日本のスマホを使うには周波数帯とSIMロックの確認が必要!
〇海外SIMを使うなら渡航前にキャリアの休止を!
〇SIMカード「Lycamobile」は空港でタダで手に入る!
長くなってしまいました。。
それではまた!

コメント