【デンマーク・ビザ申請】留学の最難関?居住許可の申請方法を詳しく解説

Sponsored Links
デンマーク
Sponsored Links

こんにちは。ぬーんです。

今回はデンマークで長期滞在するために必要な「居住許可(Residence Permit)」についてお話します。

2019年から申請に関するルールが少し変わりましたので、申請を考えていらっしゃる方は必見です!

Sponsored Links

90日以下であればそもそもビザは不要!

前提として、90日以内の滞在であればビザは必要ありません。

日本国籍を所持されている方であれば何の申請もなく滞在が可能です。

ただし、以下の場合は申請が必要なのでご注意ください。

・「1回の渡航で最大90日滞在可能」というわけではない
例)1度目のデンマーク滞在:10日⇒何度渡航してもビザなしで滞在できるのは残り80日
・90日以内の滞在であっても就労にはビザ申請が必要。

いわゆる「ビザ」→デンマークでは「居住許可(RP)」

前述では便宜上ビザと呼んでいましたが、日本人が一般的に考える「ビザ」はデンマークでいうと、「Residence Permit(居住許可)」というものに該当します。

一見どうでもいいように思えますが、申請に関して問い合わせする際「ビザ」という単語を使ってしまうと、「シェンゲンビザ」と勘違いされますのでご注意ください。

ヨーロッパ圏の国々で定められている、シェンゲン協定というものに関するビザです。

こちらに関しては後日お話ししますね。

<注意>種類によっては2か月以上かかる・・・お早めの申請を!

これは本当に注意です。。

居住許可には様々なジャンル(ワーキングホリデー、分野別の就労、インターン等)があるのですが、申請から発行までに2か月かかる種類の居住許可もあります。

発行が2か月後なので受け取りはさらに遅れます。なかなか厳しいですね。。

筆者はこれで結局渡航日に間に合わず、精神衛生上非常に良くない留学のスタートとなりました。

とにもかくにも、留学すると決まった時点で申請の準備を始めてください。

居住許可取得のためにするべきこと

自分に合った居住許可を探す

まずは自分の留学に沿ったタイプの居住許可を探しましょう。

デンマークのウェブサイトですのでデンマーク語か英語しかありません。英語慣れしていないと読むのも面倒かと思いますので、そういった場合はGoogle Chromeの翻訳機能で乗り切りましょう。

以下に居住許可の探し方を書きます。

①デンマーク入国管理局のウェブサイト(https://www.nyidanmark.dk/)にアクセス

②「You want to apply」をクリック

③自身の留学に沿ったジャンルを見つける

筆者の場合は大学の研究グループで研究員もどきとして働くことになったのでInternshipを選択しました。

Internshipであれば有給・無給に関わらずこのジャンルで申請可能です。

自分の留学ジャンルがイマイチ分からない方はウェブサイトページ下部の
「Contact us」

「Contact the Danish Agency for International Recruitment and Integration(SIRI)」

「Write to SIRI」
の順にアクセスして、自身の状況を相手方に説明してみてください。

Case Order IDの作成→申請料の支払い

次に必要なものが「Case Order ID」というものになります。居住許可の申請料の支払い情報を管理するためのIDのことです。

このIDの発行にはパスポート番号が必要ですので発行までに必ず準備しておいてください。

以下が発行方法です。

①先ほど見つけた自分に沿った留学ジャンルのページをクリック

②「How to apply」タブをクリック

③「Create Case Order ID」をクリック後、名前・苗字・パスポート番号・Eメールアドレスを入力
(Are you exempt from paying the fee?という質問はNoにチェックを入れましょう。)

④下にあるCreate Case Order IDボタンをクリックすると、あなたのIDが表示されます。

◎Case Order IDは申請に必要なので、メモを取るなどして忘れないようにしましょう。

この後、「Pay the fee」タブをクリック、自身のIDを入力後支払い先を表示します。

インターンの場合だと2940DKK(47,000円程)でした。そこそこ高いですが仕方ありません。。


なお、申請料の支払いはクレジットカードのみです。
現金払いではパスポート情報との結びつけが複雑なのでしょうか。

申請フォームの記入、関連書類の作成・入手

このプロセスも中々に時間が掛かりますが、避けては通れない箇所なので頑張っていきましょう。

なお、関連書類や申請フォームは居住許可の種類によって異なるところがありますので、詳細は各ジャンルの「Need to know」でご覧ください。ここでは筆者が申請した「PR3」というタイプの申請フォームについて解説します。ヘルスケア・自然科学・製薬分野・建築分野でのインターンをされる方は特に参考になるかと思います。

~申請書類(PR3)一覧~
・申請フォーム
・パスポートの全ページコピー
・申請料支払い確認書
・自分の支払い能力を示す文書
・Case Order ID 作成の証明書
・CV(職務経歴書)
・学生であれば所属している大学の成績証明書
・受け入れ先の機関が発行する受け入れ証明書

この通り、割と多くて面倒なのでとにかく早めに仕上げてしまいましょう。

(補足)

〇申請フォーム…先ほどの自分の申請する居住許可の詳細からDL出来ます。自身で各部分と、留学機   関に書いてもらう箇所があります。申請フォームはwordファイルでDL出来るので、先方にwordファイルを送って記入してもらいましょう。

〇申請料支払い確認書…「Pay the fee」での支払いが完了した際に表示されます。念のためプリントアウトしてpdf化しておきましょう。

〇自分の支払い能力を示す文書…無給でのインターンの場合、1ヶ月あたり6166DKK(10万円程)として、留学する機関の分だけ金額があることを証明する書類です。自分名義の銀行の預金残高を証明する書類か、奨学金の支給金額を示す証明書が必要です。筆者はトビタテの奨学金受給証明書を用いました。また、この書類は英語に翻訳しておくことが必要です。

〇Case Order ID作成の証明書…作成時、指定したメールアドレスに届くものをプリントアウトしておきましょう。

〇CV(職務経歴書)…日本の履歴書ほどかっちりしたものではありません。Wordで作製した簡単なものですが、参考までに自分のものを載せておきます。

〇学生であれば所属している大学の成績証明書…ご自身の大学の学務課で発行してもらってください。これも英訳済みのものが必要です。

〇受け入れ先の機関が発行する受け入れ証明書…形式に決まりはなさそうですが、先方の責任者のサインは必要かと思います、お願いして作ってもらいましょう。

申請フォームや受け入れ証明書は留学先の機関に動いてもらわねばならないので自分の都合ではできません。余裕をもってお願いしておきましょう。

オンラインで入国管理局に書類を提出

ここまできたら記入作業はおしまいです。書類の提出をしましょう。

~提出方法~
①再びデンマーク入国管理局ウェブサイト(https://www.nyidanmark.dk/)にアクセス

②「Contact us」

③「Contact the Danish Agency for International Recruitment and Integration(SIRI)」

④「Write to SIRI」

⑤「I wish to submit documentation or new information regarding a case at SIRI」

必要書類をすべてpdf形式にして提出
 

ビザ申請センターで生体情報の登録

ここが居住許可申請で一番混乱しました。

最初に述べておきますが、在日デンマーク大使館ではビザの申請に関する業務は一切行っておりません。

以前は行っていたようなのですが、2019年から大使館は東京にあるビザ申請センターに申請に関する業務を委託したようです。

筆者が調べていた時は大使館で申請できるという情報もそこそこあったのでかなり混乱しました。大使館に予約の旨を伝えるメールを送ったら、「その情報はどこで得たのですか?」と返事がきました。非常に当惑しました。(笑)

~持っていくもの~
・ビザ申請センターの予約証明書
・申請に必要な書類全て(念のため)
・パスポート
申請センターでは指紋の登録・顔写真の撮影等を行います。職員さんの指示に従っていれば特に問題ありません。
また、居住許可証は郵送してもらうことが可能です。筆者は実家を指定しておきました。

また、申請センターは予約制です。すぐに埋まるので早めに予約してください!予約はデンマークビザ申請センターのウェブページから行なってください。先ほども述べましたが、申請センターへは書類の提出後14日以内に行ってください。期限を過ぎると恐らくもう一度提出しなければなりません。

申請センターの場所を載せておきます。カナダビザ申請センターと書いていますが、カナダやデンマークのほかにもいくつかの国の申請期間が合同でオフィスを設置しているようです。デンマークの居住許可の申請ももちろんここで出来ます。

結果待ち。もし渡航に間に合わなかったら?

申請センターでの登録が終わったらあとは結果を待つのみです。

めったにありませんが、ごくまれに申請が却下されることがあるようなので油断は禁物です。

もしも居住許可がお手元に届くのが渡航日より後になってしまったら、誰かに受け取ってもらってスキャンしてもらい、PDF形式で送ってもらいましょう。僕の知る限りネット上では見られなかった情報なので筆者は実際この状況になってしまい非常に焦りましたが、どうやら大丈夫だったようです。

ただ、非常に心臓に悪いのでくどいようですが間に合うように申請しておきましょう。

まとめ

〇トータル90日以下の滞在ならビザは不要
〇居住許可申請はとにかく早めに!
〇申請は留学先機関の協力も必要なため自分のスケジュール通りにはいかない可能性がある
〇申請にあたって大使館に行く必要はない、ビザ申請センターへ!
〇渡航に間に合わなかったらPDF形式で送ってもらう。
また長くなってしまいました。まちがっている情報等あればご指摘いただけると幸いです。
それではまた!

コメント