【留学生活編①】デンマークの片田舎で留学生活スタート。

Sponsored Links
留学生活
Sponsored Links

こんにちは。ぬーんです。留学生活に関して何も書いていなかったので、これから書き起こしていこうと思います。日記的なものですね。つらつらと書いていきます。住んでいるからこそわかる情報も紹介していこうと思っています。今回は第1回目ということで、入国直後のお話です。

11時間のものフライトによりお尻がやられていた筆者は空港についてもフラフラでした。初めての海外ということでワクワクはしていましたが、SIMカードの契約や大家さんとの連絡など、やらねばならないことが沢山有ったので不安もすごくありました。

スカンジナビア航空の機内食。普通においしかったです。

コペンハーゲン国際空港から地下鉄に乗り換えて1時間ちょっと、これから住むおうちの最寄り駅であるファーラム(Farum)駅に到着しました。Farumはコペンハーゲンの北西に位置する地域です。Airbnbでここが安かったというだけでここへ来ましたが、のんびりした空気が流れているようでいいところです。

また別の機会にご説明しますが、デンマークの駅は改札がないようです。Rejsekortという日本でいうSuicaを読み取り機会にタッチするだけでそのまま電車に乗ることが出来るみたいです。

Farum駅。チャリンコが沢山です。。

ここからバスで家の近くへ移動ですが、最初の受難が訪れました。停車ボタンを押したにもかかわらず、バスが止まってくれなかったのです。バス停の場所もここで合ってるし、乗っているバスはここで止まるルートを通っています。

次のバス停で降りて、筆者はGoogleマップで歩いていこうと考えました。歩くのは嫌いではないのでそこは構わなかったのですが、ここで受難その2です。SIMカードを持っていませんでした。Googleマップは使えません。異国の地でひとり、スマホも使えないというのは本当にやばいです。(笑)

これはわりと焦りましたが、過去の筆者はちょっとマシな頭をしていたようで、家の周囲の地図を広範囲でスクショしていたので、何とかなりました。

おうちに到着すると、大家さんがいかにもウェルカムな雰囲気で迎えてくれました。SIMカードがどこで売っているか聞くと、売っている場所まで車で連れて行ってくださいました。優しい方で有難かったです。

自分のお部屋に入って窓を開けると居ました。このあとめちゃくちゃ遊びました。

こんな感じで留学1日目は終了です。大学へ行くのは次の日からだったのであとはのんびり過ごしました。それにしても、ほんとにスマホが使えないときの絶望感ったらありませんでした。空港にSIMカードが恐らく売っているので必ず買っておきましょう。。

それではまた!

コメント